白髪染めにはどんな種類がある?おすすめの白髪染めは?

白髪染めにはどんな種類がある?

最近では白髪染めにも色々な種類が出ていますよね。
目的や白髪の状態に合わせて自分にピッタリのものを選びましょう。

 

白髪染めの種類

・ヘアカラー
白髪を染める方法としては、昔からある定番の方法ですね。
いったん脱色(ブリーチ)した後に染色(カラーリング)をする流れになります。
そのため髪や頭皮への負担は大きくなりますが、染め上がりの安定度と効果の長持ち加減から支持を得ています。

 

美容院で行う人も多いですが、自宅で自分でできるタイプの商品も沢山販売されてます。
自分で使いやすいもの、合ったものを選びやすいメリットはありますね。
クリームタイプ、液状タイプ、ジェルタイプ、泡タイプと選択肢とともに、比較的安価なものも多いですね。

 

一般的に2ヶ月程度色持ちするとされていますが、繰り返すことで髪の傷みや頭皮へ負担をかけることになります。
使用方法は厳守して、事前のパッチテストも必ず行うようにしましょう。

 

・ヘアマニキュア
脱色することなく、髪の表面のみを染めます。
髪をコーティングするため、キューティクルを保護するトリートメント効果があります。
毛髪や頭皮への負担が他の方法に比べると少ないので、敏感肌の方にもおすすめですね。

 

色持ちは1ヶ月程度とされていますが、シャンプーを重ねると色あせする特徴もあります。
手軽さとダメージの少なさで選ぶ人が多いですね。

 

・一時染め
スプレータイプやスティックタイプのものが多く、一時的に色を染めます。
部分的に気になるところがある人や、伸び始めて目立つところを染めるためによく使われていますね。

 

・シャンプータイプ
毎日シャンプーすることで少しずつ色を入れていくタイプです。
即効性はありませんが、手軽さや髪や頭皮への負担の少ないものが多く人気になっています。
白髪染めの、伸びてきた部分が白く目立つというデメリットをカバーすることができますね。

 

白髪染めはどうやって選ぶ?

おすすめの白髪染めは、あなたに合った白髪染めです。
値段で選ぶ人が多いかもしれませんが、髪質や肌質を考慮して選ぶことが大切ですよ。

 

一般的に太くて硬い髪は染まりにくく、細く柔らかい髪は染まりやすいとされています。
染まり具合の強さを髪質に合わせると良いでしょう。

 

また、白髪染めの成分によっては、肌に刺激の強いものもあります。
敏感肌の人は天然成分のものなど、負担の少ないものを選ぶ必要がありますね。

 

さらに白髪染めは商品によって使い方が様々です。
1剤・2剤を混ぜて使うものなどは、少し面倒と感じる人もいるでしょう。
自分の使いやすさで選ぶこともポイントですよ。